リスレボ 18の暗黙のリスニングルール

リスレボの18の暗黙のリスニングルールを身に付けるべき理由

 

リスレボの1番の特徴はリスニング力が圧倒的に身につく事です。

 

リスレボで紹介される「18の暗黙のリスニングルール」

 

これを知っているか、知らないかでリスニング力は大きく変わります。

 

 

そこでテストです。

 

下の動画でイムラン先生が話している言葉(単語でも可能)が聞き取れますか?

 

まずはご覧下さい。

 

 

 

如何でしたでしょうか?

 

いくら英語の成績が良く文章では理解出来る人でも、リスニングになると理解出来ないって人が多いと思います。

 

リスレボの「18の暗黙のリスニングルール」をまずは身に付けるというのはリスニング力アップのコツを身につけましょうという事です。

 

 

 

私もリスレボを購入する前に海外で

 

水を買いたいのですが、どこにありますか?
英語:I would like to buy the water , where is it?

 

っと訪ねた事があるのですが、「水」という単語が全く通じませんでした。

 

 

水を英語で「water」、日本語ではウォーター。外国の方にウォーターと言っても通用しません。

 

発音的には「ワター」が一番近いのかな?

 

小さな1例ですが、一つ一つリスニングのルールを身につければ相手に確実に伝えれるようになります。
当然ですが、逆に相手の言っている事を理解出来るようになるんです。

 

私が購入したリスレボの評価と口コミまとめは左のリンクから飛べます。

 

 

 

 

本当にリスレボの「18の暗黙のリスニングルール」を理解出来るようになれば、こんな悩みが解消されます!

 

  • 「文章がどこで途切れているのか分からない・・・」
  •  

  • 「音が繋がって聞こえて、単語と単語の切れ目がわからない・・・」
  •  

  • 「聞き取れた単語にこだわっていると、その後の言葉が解らなくなってしまう・・・」

 

イメージとしてはこんな感じです。

 

 

リスレボ18のルール

 

 

このあたりが自然と身につくようになりますので、本気で英会話を学びたい方にはリスレボ超絶オススメです!

 

 

ちなみに、このリスレボで紹介している「18の暗黙のリスニングルール」ですが、
ネイティブの英会話講師に聞いても教えてくれません。

 

「え・・?」

 

ってなる方もいるかと思いますが、理由は単純明快。

 

 

自然に身に付けているので、その「ルールにすら気付いていない」事が多いんです。

 

日本語を海外の方に教える時にもいくつかポイントがありますが、
それは日常生活で身に付けたものなので説明出来ないのと同じです。

 

 

⇒18の暗黙のリスニングルールを身に付けたい方はこちら!